Lync Onlineでテナント内の会話を見たい + プロゲーマーのいろいろ

おす、Kingです。

日本語で適当にぐぐっても出てこないものをブログに書くことを当面の目標にします。

とあるお客様の所で題名通りのことを聞かれました。

そもそもLyncメッセージもメール同様Exchange上に保存されると聞いていたのでなんとなくでできるのは知ってましたが、詳しい手順に関してはぐぐっても出てこなかったのでSRに聞いたところ、インプレース保持という機能で出来ることが判明。

まずExchangeのDiscovery Managementという権限を割り振る必要があります。これは簡単に言うとExchange内のアイテム(電子メール、ドキュメント、会議、ジャーナル、タスク、連絡先、メモ、Lync アイテム)を閲覧するためのもので、規定ではO365の管理者権限を持っていたとしても付与されていません。

手順は、Exchange管理センターから【アクセス許可】>管理者の役割>【Discovery Management】を編集してアカウントを追加すれば可能です。

試していないのですが、恐らく管理アカウントじゃない一般ユーザーでもこれを付与すればExchangeアイテムが閲覧できるようになると思います。

次に、先ほどで権限を付与したユーザーでExchange管理センターにログインして、【コンプライアンス管理】>【インプレースの電子情報開示と保持】をクリックします。

名前欄は適当、メールボックス画面では【すべてのメールボックスを検索する】を選択、【検索クエリ】画面では【条件に基づいてフィルター処理をする】にチェックをいれ、そこで【検索するメッセージの種類】>【Lyncアイテム】を入力。ほかにもいろいろ設定できます。

設定完了後は、画面上部のぐるぐるボタンを押して更新すれば社内の会話を傍聴し放題です。

おまけは最近よく聞くプロゲーマーの生態、特になぜ韓国や中国が強いかについて。

割と聞いた話と憶測が入っていますがそこそこ正しいと思います。

よくゲームの捉え方として欧米はエンターテイメント・アジアは競技と言われています。

理由として、基本的に欧米人は面白かったら金を払うという想いが日本人が思っている以上に強いです。(ちなみに、これが理由で課金をしないと強くなれないというモデルは欧米ではほぼ100%失敗します。ソーシャルゲーム業界はそこがほとんど分かっていないから海外であんまふるってないです)それ故に欧米ではプロがゲーム配信をして、そこに面白いから金を払うというモデルが確立していて、それで一億とか稼げてしまいます。

その結果何が起こるかというと、まずゲームをまともにプレイしなくなる。勿論プロゲーマーなのでそもそも上手いんですが、視聴者を沸かせるための曲芸飛行的なプレイをしてしまう。結果として、そういうある意味格下にしか通じないようなことばっかりやるので世界大会という場に対しては、練習不足ということになってしまう。もう一つの理由としては、そもそも配信で一億稼げるんだから大会で優勝しなくてもよくね?というモチベーションの低下に繋がります。細かい要因としてはガチの練習をあまりしない(ガチは手の内がばれるから人に公開したくない、人に公開しないから稼げなくてやらない)や、そもそもいつも配信してるから手の内がばれるといったいろいろな悪いことが起きています。あとは就職とかでも言われてることですが欧米人はわりとモラトリアムが長いからプロゲーマーになるリスクがちょっと低い。たとえば日本人とかわりと未だに新卒うんちゃらとか色々あってあんま若いうちにゲームやりこんでるとオタク死ねってなるけど欧米はそういうのがちょっと少ない。

アジア人(主に韓国人・台湾人・中国人・その他南米アジア人)はまず配信しても金が稼げない(英語が喋れれば欧米向けに配信して稼げる人もいるけどあんまりしゃべれない人が多い)から試合で金を稼ぐしかない(韓国だとプロゲーマーはTVでやってるゲーム解説番組にでるとかはあるらしいけど、あとこの記事カッコ書き多いな)、配信しない故にそんなに情報がばれない(聞いた話だと韓国は身内のプロチーム同士だけで練習するらしい)、韓国の場合プロゲーマーとして頑張らないと徴兵される等の一言でいえば大会で勝つしかない状況にあるから強いとされています。

ちなみに、なぜ日本人のプロゲーマーが少ないかに関しては僕の中で持論があって、最近はいろいろとムーブがあるみたいですが、まずプロゲーマーになるためのキャリアパスがあんまり整理されていないこともあるんですが、一言でいうと単純に実績を出してないのもあると思うんですが、なんか意識高い人がいないことが原因だと思う。僕が知らないだけでいたら申し訳ないんですけど。

あの意識高い(笑)とかじゃなくて本物はビジネスだといきなりシリコンバレーいってなんかするみたいなのあるじゃないですか。日本人も本当にプロゲーマーになりたいならそれ相応のうまさをもってる人がいきなりアメリカか韓国、多分アメリカのほうが待遇はいいと思います、にいってプロゲーマーになりてぇって言えばいいと思うんですよ。

まあ、あとは社会制度的にプロゲーマーになりてぇ的な人が優遇されていないのもあるでしょうね。

今日はここまでにしておきます。
あんま語るとあいつじゃね?ってばれる気がする。

わりとSharePointというか技術全般で、ググり方がうまいかどうかって大事だと思うんですが、弊社のエリート部隊にどうやってぐぐってるのか聞くのをそのうちやりたい。やるかわからないけど。

広告

SharePointで全体管理からユーザーの写真を変えられない問題に関して + その他

はじめまして、ソノリテでサポートをしているKingというものです。

こいつ自分でKingとか言ってるよと思う方もいるかもしれませんが、本名から勝手に付けられたもんなのでご了承下さい。

当ブログはサポート業務で調査をしたものの内、海外の記事を当たらないと駄目だったものを中心に、語っていくブログにしたいと思っています。

趣味の方がゲームと絵画系(アートも漫画系もどっちも好き)なので、そちらに関してもそのうち触れたいです。

あとブログのデザインとかももうめっちゃ​初期設定感でてますが徐々にイケてる感じにしていきたいです。
あれでもこういうのって普通にオープン前に決めるんでしたっけ? 良くわからないです。

 

さて、SharePoint2010のSP1から2011Dec CU(http://support.microsoft.com/kb/2597014)までの間、[サーバーの管理]>[プロファイルサービスの管理:User Profile Serviceアプリケーション]>[ユーザープロファイルの管理]から自分以外のユーザーを選択してユーザーのプロファイル画像を変更しようとすると、[画像の保存中にエラーが発生しました。しばらくしてから再試行して下さい]というエラーが出てしまい、画像が変更できないというバグが存在していました。

 

そこで調べた所、まず原因としては、詳細は分かりませんがSP1で「ログインしているユーザー」と写真を変えられるユーザーが一致しない場合には、エラーを吐くような処理が挟まってしまったことが原因のようです。

こちらで困るケースとしては、例えばIT管理者の側でユーザーの写真を登録したいという場合に、エラーが出て変えられないといったことが考えられますね。

もう直った問題とはいえ、CUを気軽に当てるわけにもいきませんね。

そこでこちらのページのスクリプトで対応可能であることが判明しました。

(Get-SPScripts: Powershell Scripts for SharePoint

http://get-spscripts.com/2010/12/upload-multiple-user-profile.html

 

“スクリプトの簡単なまとめ

1.ローカル/共有ファイル上に保存してある画像ファイルを、個人サイトのホストサイトのドキュメントライブラリ内、ユーザー写真を格納するライブラリーにアップロードする。ここは手動でやってもok。

2.上記ライブラリー上の画像ファイルと各ユーザーのプロファイルをひもづける。

そのため注意点として、画像ファイルの名前はドメイン名_ユーザー名.拡張子にする必要がある。

3.Update-SPProfilePhotoStoreを利用して、2.の画像のサムネイル化し、プロファイル画像として適用する。”

 

具体的なスクリプトはリンク先をご確認下さい。

一旦、長いほうを実行してPowershellを温めてからUpload-ってほうを実行すればいけます。

 

また、こちらのスクリプトだけでは写真をアップロードするのがめんどくさいため、以下のスクリプトによりcsvファイルから一括インポートしました。

 

$LogTime = Get-Date -Format yyyy-MM-dd_HH-mm

$script:LogFile = “ログを出力したいパス.txt”

 

Start-Transcript -Path $LogFile -Force

echo “Press any key to exit…”

$null = $host.UI.RawUI.ReadKey(“NoEcho,IncludeKeyDown”)

$file = Import-Csv –”Path csvファイルのパス.csv” -Delimiter “,” | ForEach-Object {

Write-Host $_.path – $_.url

Upload-PhotosToSP -LocalPath $_.path -MySiteUrl $_.url -Overwrite

}

Stop-Transcript

 

簡単な使い方は以下。

 

1.WFEサーバの任意の場所にフォルダーを作成し、アップロードする画像を保存します。

※フォルダー一つに付き画像はひとつ、つまり1ユーザー1フォルダーとなります。

2.[1]の画像を「ドメイン名_ユーザー名」という命名規則で名前を変更します。

例:ドメイン「aaa」のユーザー「uuu」

「aaa_uuu.jpg」となります。

3.WFEサーバの任意の場所にcsvファイルを作成しCsvファイル内は、ヘッダー行(1行目)を「path, url」と記述し、二行目以降に「画像のパス, 個人サイトのホストのURL」の形式で対象のユーザーごとに記載します

 

なお関係ないんですが、UltimaOnlineっていうオンライゲームをずっと初期からやってて(もうやてないけど)、オンラインゲームやる方ならわかると思うんですが、顔写真とか住所がばれたらずっと2chに晒され続けたり家にピザ送りつけられるみたいなケースをいくつも見てきたので、イントラネットの場合はともかくとして、プライベートでインターネットに顔写真を晒すという行為に未だに抵抗があるんですけどどうっすか?