SharePointで全体管理からユーザーの写真を変えられない問題に関して + その他

はじめまして、ソノリテでサポートをしているKingというものです。

こいつ自分でKingとか言ってるよと思う方もいるかもしれませんが、本名から勝手に付けられたもんなのでご了承下さい。

当ブログはサポート業務で調査をしたものの内、海外の記事を当たらないと駄目だったものを中心に、語っていくブログにしたいと思っています。

趣味の方がゲームと絵画系(アートも漫画系もどっちも好き)なので、そちらに関してもそのうち触れたいです。

あとブログのデザインとかももうめっちゃ​初期設定感でてますが徐々にイケてる感じにしていきたいです。
あれでもこういうのって普通にオープン前に決めるんでしたっけ? 良くわからないです。

 

さて、SharePoint2010のSP1から2011Dec CU(http://support.microsoft.com/kb/2597014)までの間、[サーバーの管理]>[プロファイルサービスの管理:User Profile Serviceアプリケーション]>[ユーザープロファイルの管理]から自分以外のユーザーを選択してユーザーのプロファイル画像を変更しようとすると、[画像の保存中にエラーが発生しました。しばらくしてから再試行して下さい]というエラーが出てしまい、画像が変更できないというバグが存在していました。

 

そこで調べた所、まず原因としては、詳細は分かりませんがSP1で「ログインしているユーザー」と写真を変えられるユーザーが一致しない場合には、エラーを吐くような処理が挟まってしまったことが原因のようです。

こちらで困るケースとしては、例えばIT管理者の側でユーザーの写真を登録したいという場合に、エラーが出て変えられないといったことが考えられますね。

もう直った問題とはいえ、CUを気軽に当てるわけにもいきませんね。

そこでこちらのページのスクリプトで対応可能であることが判明しました。

(Get-SPScripts: Powershell Scripts for SharePoint

http://get-spscripts.com/2010/12/upload-multiple-user-profile.html

 

“スクリプトの簡単なまとめ

1.ローカル/共有ファイル上に保存してある画像ファイルを、個人サイトのホストサイトのドキュメントライブラリ内、ユーザー写真を格納するライブラリーにアップロードする。ここは手動でやってもok。

2.上記ライブラリー上の画像ファイルと各ユーザーのプロファイルをひもづける。

そのため注意点として、画像ファイルの名前はドメイン名_ユーザー名.拡張子にする必要がある。

3.Update-SPProfilePhotoStoreを利用して、2.の画像のサムネイル化し、プロファイル画像として適用する。”

 

具体的なスクリプトはリンク先をご確認下さい。

一旦、長いほうを実行してPowershellを温めてからUpload-ってほうを実行すればいけます。

 

また、こちらのスクリプトだけでは写真をアップロードするのがめんどくさいため、以下のスクリプトによりcsvファイルから一括インポートしました。

 

$LogTime = Get-Date -Format yyyy-MM-dd_HH-mm

$script:LogFile = “ログを出力したいパス.txt”

 

Start-Transcript -Path $LogFile -Force

echo “Press any key to exit…”

$null = $host.UI.RawUI.ReadKey(“NoEcho,IncludeKeyDown”)

$file = Import-Csv –”Path csvファイルのパス.csv” -Delimiter “,” | ForEach-Object {

Write-Host $_.path – $_.url

Upload-PhotosToSP -LocalPath $_.path -MySiteUrl $_.url -Overwrite

}

Stop-Transcript

 

簡単な使い方は以下。

 

1.WFEサーバの任意の場所にフォルダーを作成し、アップロードする画像を保存します。

※フォルダー一つに付き画像はひとつ、つまり1ユーザー1フォルダーとなります。

2.[1]の画像を「ドメイン名_ユーザー名」という命名規則で名前を変更します。

例:ドメイン「aaa」のユーザー「uuu」

「aaa_uuu.jpg」となります。

3.WFEサーバの任意の場所にcsvファイルを作成しCsvファイル内は、ヘッダー行(1行目)を「path, url」と記述し、二行目以降に「画像のパス, 個人サイトのホストのURL」の形式で対象のユーザーごとに記載します

 

なお関係ないんですが、UltimaOnlineっていうオンライゲームをずっと初期からやってて(もうやてないけど)、オンラインゲームやる方ならわかると思うんですが、顔写真とか住所がばれたらずっと2chに晒され続けたり家にピザ送りつけられるみたいなケースをいくつも見てきたので、イントラネットの場合はともかくとして、プライベートでインターネットに顔写真を晒すという行為に未だに抵抗があるんですけどどうっすか?

 

広告

SharePointで全体管理からユーザーの写真を変えられない問題に関して + その他」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中